健康情報 美容

サプリメントとは?その効果・必要性・危険性・飲み方の注意点・基礎知識について

投稿日:

サプリメントとは、「DietarySupplement」を意味し、健康補助食品と訳されています。
日常の食事では足りない栄養素を補充してくれるものということになります。

アメリカで言うサプリメントとは、1994年のDSHEA法で定められて「ハーブ、ビタミン、ミネラル、アミノ酸などの栄養素を1種類以上含む栄養補給のための製品」となります。

大事な点は、サプリメントは医薬品ではなく、「食品」であるということです。

ここではサプリメントについて解説していきます。

サプリメントと医薬品との法的な違いとは?

日本の法律において、医薬品とは次のように定められています。

「日本薬局方に収められている物、人、動物の疾病の診断、治療、予防に使用されていることが目的とされている物、人、動物の身体の構造、機能に影響を及ぼすことが目的とされている物」。

医薬品に該しないものは全て、「食品」扱いとなります。

例えば、ビタミンの医薬品であれば、「疲労回復に効果あり」「シミそばかすを薄くする」などの表現が可能ですが、同じビタミンでもサプリメントだと「〇〇に効く」「〇〇を予防する」といった表現が許されません。

悪徳業者などが、サプリメントでガンが治るなどの表現で、詐欺まがいの商行為をすることを防ぐことが目的でもあります。

サプリメントと医薬品の効果の違いとは?

サプリメントは体に足りない栄養素を補給して、病気を予防して健康を増進さることが目的です。

一方医薬品は、病気が発症してから、対処療法として、痛みや苦しみを一時的に抑える、開放することが目的です。

医薬品の成分は体にとっては異物です。医薬品の成分が足りないことで病気になることはありませんが、サプリメントの成分は栄養素ですから、足りないことで病気になることはあり得ます。

サプリメントは病気を治しませんが、サプリメントによって体の調整機能を整え、代謝システム、免疫システムが向上することにとって、自然治癒力がアップし、結果的に病気が改善する、治る、ということはあり得ます。

サプリメントの必要性は?

サプリメントなんて飲まなくても良い、飲む意味があるのか?といった意見もありますが、

サプリメントは飲む意味があります。

一般的に現代の食事は「カロリー」が足りていても、「栄養のバランス」がとれておらず、特にビタミン、ミネラルやファイトケミカル(植物由来栄養素)などの微量栄養素が足りないと言われています。

それはなぜでしょう?

現在の私達は汚染された空気を吸い、塩素入りの水を飲み、穀物や野菜は農薬まみれ、食料品に合成化学物質が混入され、毎日身体の中に蓄積されています。

また活性酸素の攻撃や電磁波の影響、ストレスがたまりやすい社会環境、ストレス等からくる過剰な飲酒や喫煙、紫外線や放射線の影響、薬漬けの医療体制による免疫能力の低下や副作用等々、健康いられることが不思議な環境で生きているのではないでしょうか。

最近の食べ物は栄養素の力量が衰えている

しかも一方では、痩せた土壌で化学肥料によって育てられた野菜や果物は、ビタミン、ミネラル、ファイトュートリエントなどの「微量栄養素」の含有量が非常に少ないのも現実です。

現在の野菜のビタミンC含有量は戦前の1/10以下だと言われています。

現代人は、ビタミン・ミネラルなどの微量栄養素が不足しているために基礎免疫力が低下しており、アレルギーや病気になりやすいと言われています。

また現在「ファイトケミカル」という植物性の微量栄養素(ポリフェノール・カテキンなど)が最も注目されており、ビタミン、ミネラルと同じように必要だと言われています。

ただ、現在の食糧事情では、「物理的にも経済的にも」充分な微量栄養素を摂取することは難しく、最適な基礎サプリメントと抗酸化物質が必要不可欠となる訳です。

サプリメントにはどんな種類がるのか?

サプリメントにはたくさんの種類があって、何をどう飲んだら良いかわからない。という方も多いでしょう。その機能や目的を考えると大きく3つのジャンルに分類されます。

1.ベースサプリメント(足りない栄養素を補充する)

ビタミン、ミネラル、食物繊維、プロテイン、DHA・EPA、乳酸菌、コラーゲンなど、主に私たちの身体を作っている構成成分で、健康のためには「不可欠」な栄養素です。

ベースサプリメントは日常的に不足しがちです。毎日摂るようにしましょう。

2.抗酸化サプリメント(活性酸素を除去し、免疫力を高める)

Woman touching her face

抗酸化物質と言われる、ポリフェノール、OPC、ピクノジェノール、カロテノイド、リコピン、キチンキトサン、カテキン、アスタキサイチン、フコイダン、セサミンなど。

現代社会劣悪な環境やストレスに見舞われていますので、身体に活性酸素が発生しやすくなっています。

活性酸素は老化や、あらゆる病気の原因と言われていますので、抗酸化サプリメントで活性酸素を除去し、防御することが大事です。

3.ターゲットサプリメント(部分的な改善目的)

イチョウ葉、エキナセア、トウガラシ、セントジョーンズワート、ブルーベリー、マリアアザミ、ノコギリヤシ、アガリスク、キャッツクローなど、主にハーブや野草類で、伝統医療や民間医療として使われてきたものがあります。

これらのサプリメントは、ある特定の部位や症状を改善してくれることに役立ちます。普段の食事では食べることがないハーブ類です。

サプリメントに副作用はないのか?

サプリメントを飲むと薬のような副作用はあるのでしょうか?

まず、ビタミンとミネラルで言えば、副作用というよりは過剰摂取による症状があります。

特に脂溶性のビタミンAとDは注意が必要です。摂りすぎると肝臓に蓄えられるために、過剰症が起こりやすくなります。

1日の飲む目安量を参考にして、あまり不要に飲みすぎないように注意しましょう。

厚生労働省が、ビタミン12種類とミネラル8種類については、1日の摂取量の上限と下限を設けていますので、参考にしてください。

水溶性のビタミンは摂りすぎると尿とし排出されるのであまり心配はいりません。

プロテインは、消化吸収が悪い方は、ガスが出たり下痢や便秘になることがあります。

DHA・EPAは、青魚にアレルギーがある方には、反応がある場合があります。

食物繊維を摂りすぎると、便秘が重い人はさらに重くなり、腹痛を感じる時があります。

一方ハーブは薬草なので、薬との組み合わせには注意が必要です。コレストロールを下げる薬のメバロチンに、ナイアシンを併用すると、メバロチンの副作用が強くなります。

またビタミンCは、血液中の糖の処理能力を高める働きがあるため、インスリンを注射している人がいつもと同僚のインスリンを使うと、低血糖を起こす可能性があります。

セントジョーンズワートも薬との飲み合わせを注意しなければいかねいハーブです。

サプリメントの添加物は危険では?

サプリメントは、一般的に添加物が使用されています。

例えば、錠剤であれば材料を固めるために、増粘剤(基材)が使われています。分量を増やすために充填剤や、コーティング剤なども使われています。

またドリンクタイプのサプリメントには、保存料、着色料、香料、甘味料などが使われています。

増粘剤(基材):セルローズ、レシチン、デキストリン、ソルビトール、ショ糖脂肪酸エステル、アルギン酸

滑剤:脂肪さん。炭酸マグネシウム、二酸化ケイ素

コーティング剤:ワックス、シェラック、ミツロウ

こうした食費ん添加物は、厚生労働省が法の下に安全性をチェックして、保証しているもので、ただちに危険性があるとはいえません。むしろ安全といえます。

ただ、消費者の立場からすれば、栄養素とは関係のない添加物がたくさん入っているサプリメントと、天然100%で作られたサプリメントではどちらが気持ちが良いか、自分に必要か、効果が高いか、値段との兼ね合いなども関係してきますので、じっくりと品質を確認することがとても重要です。

天然成分と合成成分とではどちらが良いですか?

天然成分で作られたサプリメントと合成成分で作られたサプリメント、科学的な意味からすれば、どちらも変わりがないと言われています。

しかし、多くの医学者や科学者は、太古の昔から天然成分から栄養素を摂ってきた人類にとっては、天然成分の方がより自然に吸収され、効果が出やすいと言っています。

天然成分には、科学合成された成分には含まれていない多種多様な成分が含まれています。科学的に解明されていない微量なミネラルやファイトケミカル、ファイトニュートリエントが含まれています。

ですので、天然成分で作られたサプリメントの方をお勧めします。

天然成分でサプリメントを作ると、コストが高くるため通常のメーカーは合成で安価なサプリメントを作りたがりますので、天然成分のサプリメントは希少です。

ただし、天然成分の場合は、その生産地や原材料、輸送や保管なども重要なので、単に天然成分だから安心だ、効果が高いとは言えませんので、総合的にチェックする必要があります。

サプリメントを飲んでいれば、食事は適当でも大丈夫でしょうか?

私たちが食する食べ物や栄養にはまだまだ解明されていない微量な栄養素やその働きがあります。ビタミンやミネラル以外にも、たくさんの栄養素が野菜には含まれているのです。

ファイトケミカルや抗酸化物質なども、以前は知られていなかった成分でした。

こうした自然の食事から得られる栄養素をすべてサプリメントで代替することは不可能です。

大切なことは、毎日規則正しい食生活、栄養素を摂ったうえで、なお足りない栄養素の補給や、健康を増進するための微量栄養素を摂ることを心掛けてください。

最後にサプリメントを上手に活用するためには、こうした規則正しい食生活のもと、適度な運動や睡眠、休息も大切な要素です。

まずは食事を軸にした生活習慣を見直して、それらの不備をサポートする意味でサプリメントをご利用ください。

-健康情報, 美容
-, , , ,

Copyright© ライフプラス社のサプリメント日本通販サイト , 2020 All Rights Reserved Powered by STINGER.